エアーポンプと藻の関係&遮光の意味 - 家庭菜園 野菜の育て方 ナビ -

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

 

エアーポンプと藻の関係&遮光の意味

■ ひたひた液肥の水耕栽培装置で生える緑色のどろどろ「藻」を考える

 

水耕栽培では「藻」が生えるらしいですよね♪
栄養いっぱいの液体肥料が浸かるか浸からないかの部分だけではなく、インターネットで水耕栽培のことを調べている間に、液体肥料が満ちている場所全体が緑がかってくる事例をよく耳にするようになると思います。

緑色の「藻」の発生ですが、そんなに気にすることなのかな?
少し考えてみましょう。

 

 

 

 

水耕栽培プランターの遮光は藻の発生を防ぐためのもの

■ 遮光シートの材料は身近にあるものを使うケースが多いようです

 

水耕栽培のプランターの設備は、食べられる野菜が実るくらい植物の生育環境が抜群の環境になります。
透明な容器で水耕栽培を始めると、早ければ1ヶ月、遅くても2ヶ月以内に、液体肥料が満たされた容器が黄色から緑色の水質に変わってくるのがわかると思います。

 

水耕栽培 藻の対策 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造 水耕栽培 藻の対策 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

 

「藻」の発生ですね。

植物の発芽から開花、結実、収穫までの生育に必要な養分が全て入っているハイポニカなどの液体肥料は、「藻」にとっても抜群の生育環境ですので、「川」ではない水の流れのない水耕栽培の液体肥料容器を放置しておくと、どこからともなく藻が生育し、たいてい緑がかってきます。

金魚や熱帯魚を飼った事のある人は、水槽に藻がついてガラス面が雲ってくるのを定期的に掃除したりしたかもしれません。
ブクブクのエアーポンプを使うと、水が対流するので藻が根付きにくくなるようですが、それでも植物の成長に特化した液体肥料が満たされた容器が太陽の光や蛍光灯の光の下にずっと、放置されている状態の水耕栽培では時間の問題です。

 

水耕栽培 藻の対策 遮光写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造 水耕栽培 藻の対策 遮光写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

 

さて、そんな「藻」ですが、多くの自作派の水耕栽培プランターユーザーはたいてい、自作した水耕栽培プランターに「遮光」措置を施します。
遮光・・・簡易的なペットボトルなら、アルミ箔を液肥容器部分にまきつけたり、農業用の黒いシートを巻いたり、結構手間がかかるものですが、光を遮る処置を容器に施すわけですね。

また、ペットボトル以外の自作装置でも、発泡スチロールケースに同じようにアルミホイルや100円ショップのアルミ蒸着式のレジャーシートなど、使えそうなものを見つけて太陽光を液肥の供給スペースに差し込ませないようにあれこれ工夫をしているようです。

レタス系の平面型の水耕栽培プランターであれば、株と株の間にアルミホイルを敷き、培養土に光が当たらないようにするなど、している方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

 

水耕栽培での藻は生えちゃいけないの?

■ 藻が生えるとどうなってしまうんでしょう?

 

さて、「藻」ですが、ドロドロしてます。
放置しておくと本当にドロドロしていて、メインの野菜の根も藻に触れる形になってしまうことになると思います。
「藻」は液体肥料の植物の成長に必要な養分を藻が使ってしまうので、そうならないように成長させないために遮光すると言われています。

しかしデメリットばかりでもなく、藻が光合成をしているため液体肥料の水槽内には常に酸素が供給される形にもなっています。

しかし、考えてしまうのは、「ドロドロの藻の水をメインで育てている野菜たちがグビグビと飲んで育っていること」なのかもしれません。
植物の吸水は根で水分がろ過されるので、緑色の水で育てたとしても緑色の花が咲くことはないのですが、果物や野菜が100%根から吸水している水分のカタマリである以上、きれいな水で育ててあげたいものです。

水耕栽培プランターの遮光をする方は、以下の方法がありますので、参考にしてみてください。

 

 

■ アルミ蒸着シート方式

水耕栽培 藻の対策 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

100円ショップで売っているアルミ蒸着シートを、液体肥料の満ちている容器の外側に巻いて光を遮る遮光方法です。
キラキラと光を反射してくれそうなアルミを蒸着したシートなのですが、実は光を透過するものがほとんどです。
一度蛍光灯の光の前にかざしてみましょう。
蛍光灯やLEDの光が明るく見えれば、それは遮光になっていない素材です。

水耕栽培に関するほとんどのウェブサイトでその事実は気付かれずに紹介されていますので、手間ひまを掛けて遮光措置を施すのであれば、間違いのない素材を見つけた方がよいでしょう。

 

 

■ アルミホイル方式

水耕栽培 藻の対策 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

キッチンで料理などで使うアルミホイルは「金属を薄く延ばしたもの」・・・アルミ箔なので、光の遮光にはなかなか良いアイテムです。
金属は光を通しません。ただ、薄さはアルミホイルを販売しているメーカーによってまちまちで、安いものは薄くて破れ易かったり、うっすら透過するほど薄く仕上げてあったりしますので、アルミホイルにも(厚さの)種類があることを知っておくといいでしょう。

アルミホイルを水耕栽培プランター素材に貼り付けるために、両面テープを使ったり、またひと手間かかります。
さらには、まったく伸縮しない薄い金属箔ですぐにしわになり、見た目もあまりよろしくなく仕上がりがちなので、結局アルミホイルの遮光の外にまた別の覆いを付けることも考慮しておくといいかもしれません。

 

 

■ 発泡スチロール方式

水耕栽培 藻の対策 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

発泡スチロールは厚みによっては光の透過を抑えてくれます。
発泡スチロールの素材は白いので外から来た光を反射して内部は暗くなりそうなのですが、逆に白い物体を透過した光は内部で壁の全面を明るく輝かせてしまい、内部の壁は光を隅々までいきわたらせてしまいますので、発泡スチロールを密閉型の水耕栽培プランターで使う際には別の遮光措置を施した方が良いと思います。

 

 

■ 農業用ビニールシート方式

水耕栽培 藻の対策 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

「ビニール」と言っても素材がビニールなだけで、透明やスーパーの袋のような白ではなく、厚手の農業用(園芸用)の黒いビニールシートがあります。農業用(園芸用)の商品なので、畑サイズの単価設定で1×3メートルで100円などで売っています。

光沢はなく、エンボス加工をされている多目的シートは商品によっては光を通さない素材で、はさみで切ったり両面テープで貼ったり、ホチキスで止めたりも可能で、丁寧に工作をするとスタイリッシュな黒い水耕栽培容器を作ることができます。蛍光灯の下でかざしてもほとんど光を透過しませんので、材料探しをしている方がいればぜひ園芸コーナーの片隅を探してみてください。

 

なお、遮光シートに関する研究は水耕栽培に使える遮光シートの自作・作り方&加工ページでも解説をしています。

 

 

 

 

遮光シートは水耕栽培プランターに絶対必要なのでしょうか?

■ 1つの水耕栽培プランターを準備するのがとても大変です。

 

主に水耕栽培プランターを自作しようとしている方向けのお話です。

ひとつの水耕栽培プランターを作るのに、遮光シートを貼り付ける作業は大変手間がかかります。
ペットボトルであれば、線を引いてハンダゴテのペットボトルカッターで溶かし切るだけで作業工程は終わるわけですが、でこぼこした容器の外側に「シートを貼る」という作業には、見た目の仕上がり具合まで計算した「両面テープ貼り」「シート貼り」「折り目のパターン」「カット」という作業工程が必要で、器用な人であれば美しく仕上がりますが、そうでない人がきれいに仕上げようとするとシート貼りだけで4~50分かかったりします。

そもそも、水耕栽培プランターにそんなに遮光シートが必須なのでしょうか?

 

液体肥料(液肥)が入る容器部分と野菜や植物が苗床にしているいわゆる「鉢」の部分は別個であり、分離することができる構造なのが水耕栽培プランターです。ドロドロの藻が生えやすい部分は液体肥料を収めている水槽部分ですので・・・・「藻」が生えたら容器部分をササッと洗って、新しい液肥に入れ替えればいいのではないでしょうか?

レタスなどの葉物野菜に適した固定式のプランターでは苗床にしているパーライトやバーミキュライトに藻が付着したままになることはありますが、葉物野菜は1ヶ月ほどで葉が生い茂り、培養土の表面にさほど光が届かなくなる上に収穫のサイクルが早いので、それほど徹底的に遮光をする必要はないと思います。

 

水耕栽培 藻の対策 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造 水耕栽培 藻の対策 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

 

5千円も1万円もする市販の水耕栽培プランターはたいていプラスチックケースです。
法人向けの植物プラントならともかく、遮光について特にすばらしい遮光技術を施しているわけでもなく、素人が作る遮光プランターと素材は同じで「藻が発生したら洗ってください」程度の構造をしています。

遮光シートなどによる遮光加工につていは「藻の発生を遅らせる」程度の効果であると考えておくと良いでしょう。
液体肥料は最後まで減った液肥を「追肥」するのではなく、普段は追肥し、藻が生えて緑がかってきたら「全とっかえ」すると、元気に水耕栽培が行えると思いますのでご参考にしてみてくださいね

(※後日補足:全とっかえは根が水質や濃度の違いに追いついていけない場合があるので、やらない方がいいです。液体肥料は追加する方向でできるかぎり遮光を施しておく事をおすすめします。全とっかえのたびに“しなしな”になってしまう可能性が高いです。)

 

 

 

 

 

家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ - 水耕栽培プランターの作り方&ベランダ・窓際野菜(レタス・トマト・イチゴ等)栽培・育て方・自作のポイント
ホームハイポニカ肥料500ccセット
ホームハイポニカ肥料1リットルセット
おしゃれに家庭菜園が楽しめる水耕栽培キット【心知菜園】
e-プランター(自動給水)+ハイポニカ液肥セット
水耕栽培キット・ホームハイポニカ601
吊るして簡単!害虫の予察・捕殺に「ペタット」ペタット (ビニタイ付)
吊るして簡単!害虫の予察・捕殺に「ペタット」ペタットブルー (ビニタイ付)
住友化学園芸 粘着くん液剤 100ml
食品成分で病害虫を防除する自然派志向ベニカマイルドスプレー 420ml
トマトの実つきを良くする住化タケダ 日産トマトトーンスプレー 420ml
本文以外のおすすめアイテム&ショップも掲載 >>

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】
家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP
第1章 ベランダ家庭菜園研究 INDEX
第2章 水耕栽培プランターの構造 INDEX
水耕栽培プランターの種類
根に必要な空気をどうする?
培養土は茎を支えるだけ
根の呼吸空間を確保する
エアーポンプと藻&遮光の意味
水耕栽培の給水布の使い方
エアー式水耕栽培プランターの構造
ペットボトル水耕栽培プランターの構造
培地浸透式培養液プランターの構造
第3章 水耕栽培プランター自作&加工のコツ INDEX
第4章 水耕栽培野菜栽培・育て方 INDEX
第5章 家庭菜園園芸用品&水耕栽培用品 INDEX
家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ 勉強アイテム
 
家庭用水耕栽培キット ホームハイポニカ601
 
 
家庭用水耕栽培キット ホームハイポニカ501
 

 

 

 

 

 

根の呼吸空間を確保する ←  家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP  → 水耕栽培の給水布の使い方

| TOP | 家庭菜園栽培研究 | 水耕栽培プランター構造 | 水耕栽培自作&加工 | 水耕栽培野菜栽培・育て方 | 家庭菜園栽培ツール |
 

家庭菜園
春夏秋冬野菜の育て方ナビ


家庭菜園野菜の育て方ナビ
大カテゴリーメニュー


水耕栽培プランターの構造


デスクトップ

水耕栽培×家庭菜園
野菜栽培・育て方参考書
家庭菜園 野菜の育て方 ナビってどんなサイト?

家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】はハイポニカ液体肥料を使った水耕栽培プランターでの気軽な家庭菜園野菜作りの「水耕栽培」「水気耕栽培」「養液栽培」「ハイドロカルチャー」のやり方作り方育て方を説明した写真解説ガイドサイトです。

市販されている水耕栽培キット野菜の作り方や成長を理解することで水耕栽培プランター自分で作ること(自作)ができます。

ペットボトルでの水耕栽培プランターの作り方やコンテナボックスや適当なサイズのプラスティックケースを利用した水耕栽培装置の仕組み構造作り方を写真解説します。

水耕栽培液体肥料により、土での栽培より養分吸収効率が良いため、野菜の成長が早く、果実も多く実る栽培方法です。

液体肥料を取り寄せて虫や臭いの少ない野菜のベランダ栽培をベランダや窓際で始めてみませんか?

レタス栽培・育て方トマト栽培・育て方イチゴ栽培・育て方をわかりやすく説明しています。

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】