水耕栽培の培養土(培地)は茎を支えるだけ - 家庭菜園 野菜の育て方 ナビ -

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

 

水耕栽培の培養土(培地)は茎を支えるだけ

■ 水耕栽培プランターの秘密の仕組みのひとつは「根を支える方法」

 

土を使わないはずの「水耕栽培」ですが、中にはどうも野菜の苗が「土」のようなものに埋まっているように見える水耕栽培プランターがある。
なんじゃらほい??土、使ってるじゃん ^^

さて、どういうことなんでしょう?
これは水耕栽培のプランターの構造や、野菜の成長の仕組みを少し見ておかないとわからない部分です。
さて、少し勉強してみましょう。

 

 

 

 

水耕栽培の培養土を使用する場合

■ 水耕栽培で「土らしきもの」を使う場合

 

土を使わないはずの水耕栽培ですが、よく見かける「ペットボトル式自作プランター」では、苗の根元は「土」のようなものが使われていると思います。コレ、いったい何なのでしょう?

 

水耕栽培 ホウレンソウ 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

土、使ってるじゃん ^^

ハイドロカルチャーでみかける培養土。

これはいったい何でしょう?
答えは「土」です。

ただし、養分や微生物はゼロです。

 

答えは「土」です。^^;
正確に言っても「土」です。^^

ただし、肥料養分や微生物の居ないサラサラのものや、コロコロのもので、その目的は「保水」+「茎の固定」のためのものなんですね。
「土」のようなものの他、「砂」の場合もあります。

従来のベランダのプランターでの土栽培では、自然の畑の土の状態をプランター上で再現します。
水耕栽培では肥料は全て「液体肥料」の中の養分で育苗から収穫までこなす事ができます。

水耕栽培で使う土は野菜の苗の根元を支えるだけの役割(+保水)でしかないので、「土」の意味合いは異なるのですね。

 

水耕栽培プランターの構造としては、「土(培養土)」にどのように液体肥料を「保水・吸水」させるかを考える必要があります。
方法としては吸水布を培養土から液体肥料(液肥)に接するように垂らしておくようにしておくことで、根は適度な空気と肥料成分を吸収し、野菜を成長させてくれます。

もうひとつの方法は粒子の大きいコロコロした素材を苗床にし、吸水布などを使わず、直接浅めの液体肥料(液肥)の容器に沈める方法です。
その場合、その培養土にした素材自体が直製液肥を保水し、根のある範囲まで栄養分を根に届けてくれるようになります。

 

 

 

 

水耕栽培に培養土を使わない場合

■ 茎を支えるだけの仕組みを土粒子以外で再現できればOK

 

培養土を使わない水耕栽培も可能です。
要するに、「水耕栽培プランター」がどういうものか・・・で、土を使うパターンと、土を使わないパターンができるのです。

一般的なパターンは「発泡スチロール製の水耕栽培プランター」です。
これは、ふた付きの発泡スチロールの箱を用意し、ふたの部分に苗を差し込む穴を開けます。

その穴に苗の茎にスポンジのような柔らかいものを巻き、ふた自体に苗を固定して箱の中の液体肥料に根を浸すようにセットすれば完成です。

簡単ではありますが、知らない間に水位が減り過ぎてしまった場合、根が液体肥料に触れない状態になってしまうと植物は一気に干からび始めてしまいますので、自然に液体肥料を吸い上げて養分補給する吸水布+培養土型の水耕栽培プランターよりも、ちゃんと様子を見てあげなければなりません。

 

水耕栽培 自作 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

野菜栽培・育て方研究所の土無し水耕栽培プランター

野菜の苗をスポンジだけで固定させて根を直接液体肥料に漂わせます。この場合、野菜土台が分離できるので、プランターが根で手狭になればやどかりのように大きなプランターに移住させることができます。

根は水の中で抵抗無く伸びていくので、液肥の養分や水分をぐんぐん吸い込み、とても成長が早いのです。

 

市販のハイドロカルチャー簡易ポットでは、水位が下がるにつれて「土台」自体が液体肥料に浮いた状態の「フロート式」プランターもあり、その場合は根が水面から離れることはありません。

フロート式でも「根(株)を支える」目的で「土」が使われている場合ももちろんあります。
水耕栽培での「培養土」は保水でもあり、植物を自立させるための「苗床」でもある目的で使用されているのです。

 

 

 

 

 

水耕栽培では、野菜の苗の茎(根)を支える必要があります

■ 培養土に使う粒子の素材はどんなものがあるのでしょう?

 

水耕栽培でよく使われる苗床の素材を紹介します。

 

スポンジ

水耕栽培 自作 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

スポンジ

特別なものではなく、家庭用のスポンジです。食器洗いで使うハード部分の付いたスポンジでもいいのですが、お風呂や洗車用のスポンジも用途が違うだけでモノは同じです。

メラニンスポンジは水分を含ませたあとに力を加えるとつぶれて形が復元しないものなので、あまりお勧めはしません。

 

PK 抗菌ハードクリーナー 5個入/スポンジ(キッチン用)
種をセットしやすい切込み入り葉菜用培地(300個)
実がなる栽培専用培地果菜用培地(4個セット)
種をセットしやすい切込み入り苗床スポンジ4枚組
 
 

 

カッターやハサミなどでタネから発芽させる発芽の培養土として使われる他、根の直近の茎をスポンジで挟み込んで野菜を宙に浮かせ、液体肥料に根を浸からせるような形で使われます。加工に手間はかかりますが、保水や支持のためには必須の素材です。

スポンジの使い方については 水耕栽培でのスポンジの使い方&加工のやり方 のページでも解説しています。

 

 

水耕栽培 土 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

いわゆる砂利の微粒子です。「石」ですので、肥料養分を保持していないため、ハイドロカルチャー(水耕栽培)には使いやすい素材です。
スポンジと違い、こちらは「苗床」として根が張る場になります。水を掛けて根を洗えば砂は流れて根を傷つけずに露出させることができます。

 

エイエフジャパン企画 田砂 3kg★田砂
スドー リアルブラック 5kg★黒い色の細粒砂
観賞魚用底砂ハピネス 中目10kg
JUN プラチナソイル ブラック スーパーパウダー 1L
STARPET 熱帯魚の砂 クリスタルオレンジ

 

しかし、粒子が細かすぎるので、砂を保持するためにはネットでは網の目から流出してしまうため、お茶のこしパックなど根の伸びが阻害される素材で包み込むなどの工夫が必要です。

都市部ではきれいな砂を入手するより100円ショップやホームセンターで園芸用の素材の方が手に入りやすく加熱などの殺菌の必要もないので、園芸の用土を調べてみましょう。

水耕栽培の液体肥料は栄養豊富なので、自然環境にあった砂をそのまま使うとイロイロ培養されてしまうかもしれません。

 

 

バーミキュライト

水耕栽培 培養土 バーミキュライト 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

バーミキュライト

軽い木のくずのような粒の粗い粉状の素材です。蛭石(ひるいし)を高温で焼いて、多孔質、粒状にしたもの。きわめて軽く、通気性・保水性・保肥力に優れた無菌の基本用土です。

バーミキュライトは濃い茶色と光沢のある肌色のチップが混ざったような特徴のある土です。

 

DIY バーミキュライト 約2L[g0.5]
バーミキュライト 5L
バーミキュライト(小粒) 10リットル
TG バーミキュライト 10L
保湿効果あり□バーミキュライト GS 30L

 

軽くて扱いやすいのですが、細かいチップ状の素材ですので、バラバラに流失しやすい用土です。
100円ショップの価格で言えば、100円で2.5リットル(534g)の容積が相場です。

バーミキュライトについては 養液栽培(水耕栽培)の培養土の使い方・使われ方 のページでも解説しています。

 

 

ハイドロボール

水耕栽培 培養土 ハイドロボール 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

ハイドロボール

こげ茶色のボール状の丸い粒子で1粒のサイズは数ミリのものから1センチくらいの大きさのものもあります。

ハイドロボールは高温で処理した人工軽石で、高温で焼成しているため雑菌や悪臭がない球状の素材です。多孔質で通気性に優れており、室内インテリアの観葉植物で苗床としてよく使われているのを見かけます。

 

◎ハイドロボール 2L 小粒
◎ハイドロボール 2L 中粒
◎ハイドロボール 2L 大粒
ハイドロカルチャーに!レカトン 小粒 2L
ハイドロカルチャーに!レカトン 中粒 2L

 

コロコロとした丸い球はレカトンとも呼ばれていて、保湿性のある「陶器」のようなもので、それ自体が湿ってくれるため、水耕栽培の苗床には適しています。
100円ショップの価格で言えば、100円で1.2リットル(612g)の容積が相場です。

ハイドロボールについては 養液栽培(水耕栽培)の培養土の使い方・使われ方 のページでも解説しています。

 

 

ハイドロカルチャー(の土)

水耕栽培 培養土 ハイドロカルチャーの土 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

ハイドロカルチャー(の土)

「ハイドロカルチャー」という言葉は本来は「水耕栽培」を意味しますが、100円ショップでは「ハイドロカルチャーの土」というような商品名を持つ土があります。ハイドロボール同様に丸い小玉状の素材で、こちらは明るいオレンジ色をしています。

 

ホワイト・ブルー・ブラックのネオコール小粒。ハイドロカルチャー用 ネオコール小粒 320ml
ブラウン・ピンク・ベージュ・ホワイト・ブルー・ブラックのネオコール中粒
炭でできてるハイドロコーン 中粒 750ml
【室内で土を使わずに】ハイドロコーン(ハイドロボール) 小粒2.0L
【室内で土を使わずに】ハイドロコーン(ハイドロボール) 中粒2.0L

 

パッケージには「特徴」以外の説明がされていないのですが、ハイドロボールと性質は同じです。
ハイロドボールはパッケージ内が透明なままですが、ハイドロカルチャーは明るいオレンジの粉がパッケージ内に付いて曇っているように見えますので、指でつぶそうとしても固くて砕けたりはしませんが、もしかすると少し崩れやすいのかもしれません。

100円ショップの価格で言えば、100円で600g(実測618g)の容積が相場です。

ハイドロカルチャーの土については 養液栽培(水耕栽培)の培養土の使い方・使われ方 のページでも解説しています。

 

 

パーライト

水耕栽培 培養土 パーライト 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

パーライト

石を細かく砕いたような真っ白の無機物です。実際に真珠石を細かく砕いて高温処理した、多孔質で非常に軽い人工砂礫です。
土の通気性・排水性を高め、軽量化します。

指で潰すと白い粉のようになるほど多孔質の石ですので、粒を踏んだりすればどんどん粉化してしまいます。

 

パーライト 3リットル【関東当日便】
◎エマタ パーライト 5L
パーライト5L
【土壌改良剤】パーライト 10リットル
黒曜石パーライト 20L (約2,0kg)

 

真っ白なパーライトは光を反射してくれるので葉の成長に良さそうですが、粒子は角ばっていて動かすと根を傷つけやすく、保水力も「湿る」タイプではありません。水耕栽培では液体肥料に「藻」が発生しやすいので、回転(収穫までのサイクル)の少ない果実系ではドロドロしい色が目立ってしまうかもしれません。

100円ショップの価格で言えば、100円で2.0リットル(165g)の容積が相場です。

パーライトについては 養液栽培(水耕栽培)の培養土の使い方・使われ方 のページでも解説しています。

 

 

その他、丸い粒状の支持土の商品(名)として「ネオコール」「ハイドロコーン」「セラミックボール」などの名前が付けられた商品がたくさんありますが、水耕栽培で使用する用途や使い方はほとんど同じ「陶器の玉」です。

 

ホワイト・ブルー・ブラックのネオコール小粒。ハイドロカルチャー用 ネオコール小粒 320ml
ブラウン・ピンク・ベージュ・ホワイト・ブルー・ブラックのネオコール中粒
炭でできてるハイドロコーン 中粒 750ml
【室内で土を使わずに】ハイドロコーン(ハイドロボール) 小粒2.0L
【室内で土を使わずに】ハイドロコーン(ハイドロボール) 中粒2.0L

 

水耕栽培でよく使われる苗床素材を紹介しました。
破砕された石より丸く仕上げられたボール素材の方が扱いやすい素材かもしれません。

用土素材が重ければ根付いた時にはしっかりした支えになるので、育てる野菜の種類に応じて使用する培養土を選択していくといいでしょう。

 

 

 

 

 

家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ - 水耕栽培プランターの作り方&ベランダ・窓際野菜(レタス・トマト・イチゴ等)栽培・育て方・自作のポイント
ホームハイポニカ肥料500ccセット
ホームハイポニカ肥料1リットルセット
おしゃれに家庭菜園が楽しめる水耕栽培キット【心知菜園】
e-プランター(自動給水)+ハイポニカ液肥セット
水耕栽培キット・ホームハイポニカ601
吊るして簡単!害虫の予察・捕殺に「ペタット」ペタット (ビニタイ付)
吊るして簡単!害虫の予察・捕殺に「ペタット」ペタットブルー (ビニタイ付)
住友化学園芸 粘着くん液剤 100ml
食品成分で病害虫を防除する自然派志向ベニカマイルドスプレー 420ml
トマトの実つきを良くする住化タケダ 日産トマトトーンスプレー 420ml
本文以外のおすすめアイテム&ショップも掲載 >>

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】
家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP
第1章 ベランダ家庭菜園研究 INDEX
第2章 水耕栽培プランターの構造 INDEX
水耕栽培プランターの種類
根に必要な空気をどうする?
培養土(培地)は茎を支えるだけ
根の呼吸空間を確保する
エアーポンプと藻と遮光
水耕栽培の給水布の使い方
エアー式水耕栽培プランターの構造
ペットボトル水耕栽培プランターの構造
培地浸透式培養液プランターの構造
第3章 水耕栽培プランター自作&加工のコツ INDEX
第4章 水耕栽培野菜栽培・育て方 INDEX
第5章 家庭菜園園芸用品&水耕栽培用品 INDEX
家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ 勉強アイテム
 
家庭用水耕栽培キット ホームハイポニカ601
 
 
家庭用水耕栽培キット ホームハイポニカ501
 

 

 

 

 

 

根に必要な空気をどうする? ←  家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP  → 根の呼吸空間を確保する

| TOP | 家庭菜園栽培研究 | 水耕栽培プランター構造 | 水耕栽培自作&加工 | 水耕栽培野菜栽培・育て方 | 家庭菜園栽培ツール |
 

家庭菜園
春夏秋冬野菜の育て方ナビ


家庭菜園野菜の育て方ナビ
大カテゴリーメニュー


水耕栽培プランターの構造


デスクトップ

水耕栽培×家庭菜園
野菜栽培・育て方参考書
家庭菜園 野菜の育て方 ナビってどんなサイト?

家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】はハイポニカ液体肥料を使った水耕栽培プランターでの気軽な家庭菜園野菜作りの「水耕栽培」「水気耕栽培」「養液栽培」「ハイドロカルチャー」のやり方作り方育て方を説明した写真解説ガイドサイトです。

市販されている水耕栽培キット野菜の作り方や成長を理解することで水耕栽培プランター自分で作ること(自作)ができます。

ペットボトルでの水耕栽培プランターの作り方やコンテナボックスや適当なサイズのプラスティックケースを利用した水耕栽培装置の仕組み構造作り方を写真解説します。

水耕栽培液体肥料により、土での栽培より養分吸収効率が良いため、野菜の成長が早く、果実も多く実る栽培方法です。

液体肥料を取り寄せて虫や臭いの少ない野菜のベランダ栽培をベランダや窓際で始めてみませんか?

レタス栽培・育て方トマト栽培・育て方イチゴ栽培・育て方をわかりやすく説明しています。

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】