根に必要な空気をどうするか? - 家庭菜園 野菜の育て方 ナビ -

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

 

水耕栽培では根に必要な空気をどうするか?

■ 水没するから根腐れするのではなく、酸素に触れないから根が腐る

 

家庭菜園初心者は意外に思ってしまう根っこに関する事実があります。
植物の根は水に浸かったままにしていると茶色く変色し、異臭を発しながら腐っていく・・・・でも実は少し違うんですね ^^

植物の根は呼吸している器官です。
酸素が供給されている環境の水中に根が浸かっても、根っこは根腐れを起こさないのです。

水耕栽培にとって重要なポイントになりますので、基本的なポイントを少し勉強してみましょう。

 

 

 

 

根腐れ(ねぐされ)が起きる原因を理解しよう

■ 空気に触れない根っこは組織が腐ってしまい、水に触れない根っこは干からびてしまう

 

野菜や植物にとって、とても重要な器官は土の下にあった根っこなのですね。
茎や葉は、根っこから生えている器官で、根っこが生命の基となる器官であると言えます。

雑草などは根が残っていればいつの間にかまた生えてきます。
収穫用の野菜までは根っこだけで再生するとは言えないのですが、根っこがダメになった植物はもうどうにもなりません。

 

水耕栽培 イチゴの根ぐされ 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

根が腐れば植物は枯れてしまいます

根が腐ってしまい、手の施しようが無く枯れていってしまったイチゴの苗。

栄養や水分の全ては根が吸い上げて茎や葉、実を付けます。
根が水に浸かっていても植物は枯れませんが、根が酸欠や窒素過多で枯れてしまうと地上部は死んでしまいます。

 

そのくらい大切なものだったということを、水耕栽培でむき出しになった姿を見ながら根の張り方や色などを観察できるようになっておきましょう。

 

さて、「根っこ」ですが、水没させてしまうと腐ってしまいます。
小学校の理科の時間や、夏休みの自由研究などで植物の栽培をしたことがある人もいるかもしれません。

「早く大きくならないかな~~」と、低学年の子供たちはゾウさんジョウロでせっせと水を与えます。
鉢は水でびっちゃびちゃです。
朝と夕方、目を離せば昼や寝る前もコップで水をあげているかもしれません。
水気がない時間帯がないくらい土は常に湿った状態ですね。

・・・・・はい、お子さん、泣きをみます。。。。

 

コレ、土が水を保有(保水)するのはいいのですが、根がちっとも空気(酸素)に触れないため、窒息してしまったのです。
何が窒息するのかと言いますと、「根っこ」ですね。

土の粒子の間は適度に空気が無ければ、根は呼吸ができず、さらには土さえも腐敗しやすくなっていきます。
土栽培では微生物がいっぱいです。微生物の活動には酸素を消費しています。

 

 

 

 

 

水耕栽培では根っこを水(液体肥料)に浸けた状態で生育させます

■ 根を酸素に触れさせていれば植物は枯れない

 

水耕栽培では根っこを水(液体肥料)に浸けた状態で生育させます。
植物の根を酸素に触れさせる方法としては、・・・そうですね、あのブクブクを使うわけですね。

 

水耕栽培 エアーポンプ水心 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

静音エアーポンプ「水心 SSPP-2S」

■無断階調節機構
■最大吐出量:毎分3500cc
■圧力:16KPa
■電気料金(目安):1ヵ月連続使用約90円
■使用水槽サイズ:60~120cm
■電源:100V
■消費電力:50Hz 4.5W/60Hz 3.6W

 

水心SSPP-2S
水心SSPP-3S
水心SSPP-7S
 
 
 
 

※ 水心 SSPP-2Sについては静音エアーポンプの性能・選び方のポイントページでも解説しています。

 

金魚が育つ水槽でよく使われているエアーポンプ。
なぜブクブクさせるかというと、ブクブクをしなければ、水中の酸素が足りなくなってしまい、金魚が水面でパクパクしたり、ドブ川で大量死してしまったり、水中と言えど酸素は必要なのです。

植物は「エラ呼吸」できませんので、空気に触れるスペースが重要だったりします。

水耕栽培プランターには、その「根をどのようなスタイルで空気に触れさせるか」を計算して設計されています。
さて、それはどのような部分なのでしょうか?

 

 

 

 

 

根の酸素供給の方法のひとつはエアーポンプでのエアーレーション(ブクブク)

■ 水耕栽培で一番成長効率が良いエアーポンプでのブクブクエアーレーション

 

電源が必要だったり、ポンプの稼動や水のはじける音がするエアーポンプでのエアーレーション。
エアーレーション(エアレーション)は「aeration」=水中に空気を溶かし込むこと。

水中にエアーポンプを使って新鮮な空気を送り込むことは、根を空気に触れさせる事だけではなく、水に対流を生み、閉鎖空間での水(液体肥料)の腐敗の進行を遅らせる作用もあります。

エアーポンプで水中に空気を送り込むのですが、アンモニアと違い酸素は水に溶けにくいので、水中に酸素を溶かしているというよりは、水の対流や根と空気の接触の機会を増やす意味合いが大きいようです。

いずれにせよ、水耕栽培において、エアーポンプで液体肥料に浸けられた野菜の根に酸素を触れさせる仕組みは、植物栽培の役割的には「成長の加速ブースター」のような効果があります。クルマでいう「ターボ」のような強制吸気システムと言えるプラントシステムなんですね。

 

水耕栽培 エアーポンプC-8000 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第2章 水耕栽培プランターの構造

静音エアーポンプ「ハイブロー C-8000 ヒューズプラス」

■高性能エアーポンプ
■最大吐出量:毎分6500cc
■常用吐出圧力:4KPa
■電気料金(目安):1ヵ月連続使用約153円
■使用水槽サイズ:90~180cm
■電源:100V
■最大消費電力:50Hz 8.5W/60Hz 8.5W

 

ハイブローシリーズ エアーポンプ C-8000+
 
 
 
 
 
 
 
 

※ ハイブロー C-8000 ニューズプラスについては静音エアーポンプの性能・選び方のポイントページでも解説しています。

 

さて、水耕栽培(ハイドロカルチャー)では、空気ポンプを使わない栽培方法もあります。
次のページから、その場合の「根の呼吸」をどのように確保しているかを勉強してみることにしましょう。

 

 

 

 

家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ - 水耕栽培プランターの作り方&ベランダ・窓際野菜(レタス・トマト・イチゴ等)栽培・育て方・自作のポイント
ホームハイポニカ肥料500ccセット
ホームハイポニカ肥料1リットルセット
おしゃれに家庭菜園が楽しめる水耕栽培キット【心知菜園】
e-プランター(自動給水)+ハイポニカ液肥セット
水耕栽培キット・ホームハイポニカ601
吊るして簡単!害虫の予察・捕殺に「ペタット」ペタット (ビニタイ付)
吊るして簡単!害虫の予察・捕殺に「ペタット」ペタットブルー (ビニタイ付)
住友化学園芸 粘着くん液剤 100ml
食品成分で病害虫を防除する自然派志向ベニカマイルドスプレー 420ml
トマトの実つきを良くする住化タケダ 日産トマトトーンスプレー 420ml
本文以外のおすすめアイテム&ショップも掲載 >>

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】
家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP
第1章 ベランダ家庭菜園研究 INDEX
第2章 水耕栽培プランターの構造 INDEX
水耕栽培プランターの種類
根に必要な空気をどうするか?
培養土は茎を支えるだけ
根の呼吸空間を確保する
エアーポンプと藻と遮光
水耕栽培の給水布の使い方
エアー式水耕栽培プランターの構造
ペットボトル水耕栽培プランターの構造
培地浸透式培養液プランターの構造
第3章 水耕栽培プランター自作&加工のコツ INDEX
第4章 水耕栽培野菜栽培・育て方 INDEX
第5章 家庭菜園園芸用品&水耕栽培用品 INDEX
家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ 勉強アイテム
 
家庭用水耕栽培キット ホームハイポニカ601
 
 
家庭用水耕栽培キット ホームハイポニカ501
 

 

 

 

 

 

水耕栽培プランターの種類 ←  家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP  → 培養土は茎を支えるだけ

| TOP | 家庭菜園栽培研究 | 水耕栽培プランター構造 | 水耕栽培自作&加工 | 水耕栽培野菜栽培・育て方 | 家庭菜園栽培ツール |
 

家庭菜園
春夏秋冬野菜の育て方ナビ


家庭菜園野菜の育て方ナビ
大カテゴリーメニュー


水耕栽培プランターの構造


デスクトップ

水耕栽培×家庭菜園
野菜栽培・育て方参考書
家庭菜園 野菜の育て方 ナビってどんなサイト?

家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】はハイポニカ液体肥料を使った水耕栽培プランターでの気軽な家庭菜園野菜作りの「水耕栽培」「水気耕栽培」「養液栽培」「ハイドロカルチャー」のやり方作り方育て方を説明した写真解説ガイドサイトです。

市販されている水耕栽培キット野菜の作り方や成長を理解することで水耕栽培プランター自分で作ること(自作)ができます。

ペットボトルでの水耕栽培プランターの作り方やコンテナボックスや適当なサイズのプラスティックケースを利用した水耕栽培装置の仕組み構造作り方を写真解説します。

水耕栽培液体肥料により、土での栽培より養分吸収効率が良いため、野菜の成長が早く、果実も多く実る栽培方法です。

液体肥料を取り寄せて虫や臭いの少ない野菜のベランダ栽培をベランダや窓際で始めてみませんか?

レタス栽培・育て方トマト栽培・育て方イチゴ栽培・育て方をわかりやすく説明しています。

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】