野菜のタネの交配種・一代雑種・固定種野菜の意味について - 家庭菜園 野菜の育て方 ナビ -

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

野菜のタネの交配種・一代雑種・固定種野菜の意味について

■ 収穫した野菜の実からタネをとって蒔けばいいんじゃないかな♪

 

植物の種子と性質、品種・・・そういえば、最初に買った植物の実からとった種をまた蒔けば、毎年タネを買う必要は無いのかな?
そうすれば毎年同じ性質のおいしい野菜を収穫し続けられるんじゃないかな???

さて、それはどうでしょう?
植物の遺伝や種子の性質や基礎知識について少し勉強してみましょう。

 

 

 

 

親と同じ性質の野菜が育つ訳ではないタネ野菜の子供たち

■ ハート型の野菜の種からハート型になるとは限らない

 

遺伝的な知識を実際の経験と結びつけて考えてみる材料にしてみましょう。

ハート型の野菜の品種のタネが売られているとしましょう。
それを蒔いて発芽させ、ハート型のかわいくて甘い果実がたくさん実ったとします。
「来年はもっとたくさん作って食べたいな~」

そこで、自分で収穫した野菜からできたタネを元に発芽させ、収穫期を迎えるとあれあれ、期待通りのモノは実っていません。
ハート型の果実は少なく、味もさほど甘くなかったり・・・。

さて、どうしてでしょう?

 

 

・・・はい、早くも回答です。

それは、「交配種」だからなのです。

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

さて、交配種ってなんでしょう???

 

 

 

 

交配種と固定品種 遺伝の特性

■ 性質の変わらないご先祖様と先祖がえりする新世代交配種

 

野菜には「原種」があります。
例えばトマトはアンデス高地から北方へチェリートマトとして広がり、メキシコでさらに改良され、現在の栽培種となっていきました。

「原種」というのは性質の変わらない「固定種」ですね。「固定種」イコール「原種」ではなく、「原種」イコール「固定種」です。
品種改良というのは、そういった「原種」から少しずつ人にとって都合のいい特徴を伸ばす方向に変質させてきました。

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

「固定種」といっても、優秀な個体同士を掛け合わせたり近い種と交配させ、新しい「品種」を誕生させてその性質を「固定」させることをし、安定的に多様な食料生産をしてきたのですね。

固定品種同士の掛け合わせで品質の良い種類の品種が生まれます。
それを交配種(一代雑種)として商品化しています。

それが前項で例えを出した「ハート型の甘くて美味しい野菜」です。

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

さて、前項のハート型の甘くて美味しい野菜ですが、それは「固定品種」ではなく、近年に開発された不安定な品種なので、性質がその1代しか発現しないのです。

固定種から生まれたハイブリッド野菜・・・雑種第1代(=固定種よりも美味しい野菜の苗木のたね)
・・・ここまでは誰もが「市販の美味しい品種のタネ」を買って家庭菜園をする普通のアクションですので、気になる点は無いと思います。

そして、その「市販の美味しい品種のタネ」からの収穫野菜を眺めているうちに思いつく事があるのです。
このタネをとって毎年コレが食べられるんじゃない?・・・と。

・・・・・でも、上手くいかないんですね。
雑種第1代の子供である雑種第2代は形や性質がさまざまに異なった不ぞろいのものになってしまいます。

 

 

 

 

種苗会社が行っている交配種の作り方

■ 品種と品種を掛け合わせる・・・厳密な環境下での受粉や突然変異種から1代目を生産

 

ある固定種とある固定種を掛け合わせることで、一定の優良種が発生することがわかっている品種同士の交配を、他の花粉などの影響を受けない受粉環境を管理し、雑種第1代の種子を商品化しています。

家庭菜園の野菜であれば、花が咲きタネを取る前に収穫をして食べるものが多いでしょう。
種苗会社は収穫をするためではなく、タネを生産するために花を咲かせて種子のためにその元になる固定種の花粉を取る野菜自体を育苗しているのです。

メスの親は受粉しないようにおしべを取り去り、「美味しい品種のタネ」を取るためにとても手間のかかる生産体制を整えて専売ブランドの商品を作っています。

結局、家庭菜園で有名なブランド野菜を育てたいと考える時がくれば、毎年その品種のタネを取り寄せて購入するのが一番簡単な事だと言えるのですね。

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

固定種野菜の種と育て方
野菜の種はこうして採ろう
個性派おもしろ野菜のつくり方
木村秋則と自然栽培の世界
タネが危ない

 

 

 

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】
家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP
第1章 ベランダ家庭菜園研究 INDEX
食べたい時に野菜を摘もう♪
ワンルームでも家庭菜園計画
土汚れと虫のベランダは嫌
液体肥料で野菜収穫水耕栽培
水耕栽培の種類を勉強しよう
根腐れしない水耕栽培
葉物はお任せ平面養液栽培
果実系はペットボトル栽培
植物の成長に必要な要素
種(タネ)と発芽の基礎知識
挿し木・増やし方の知識
水耕栽培の液体肥料(液肥)ハイポニカの作り方・使い方
交配種・一代雑種・固定種野菜
増やして販売できる?種苗法
第2章 水耕栽培プランターの構造 INDEX
第3章 水耕栽培プランター自作&加工のコツ INDEX
第4章 水耕栽培野菜栽培・育て方 INDEX
第5章 家庭菜園園芸用品&水耕栽培用品 INDEX
家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ 勉強アイテム
 
職場のデスクでもキッチンでも、液体肥料(ハイポニカ)だけで育てる「水気耕栽培」!
 
 
心知菜園(cocochisaien・ココチサイエン) プチトマト/ピンク(種・肥料付き)
 
 
水耕栽培セット ココチサイエン(cocochi saien/心知菜園) ホワイト/トマト菜園
 

 

 

 

 

 

ハイポニカ液肥の作り方 ←  家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP  → 増やして販売できる?種苗法

| TOP | 家庭菜園栽培研究 | 水耕栽培プランター構造 | 水耕栽培自作&加工 | 水耕栽培野菜栽培・育て方 | 家庭菜園栽培ツール |
 

家庭菜園
春夏秋冬野菜の育て方ナビ


家庭菜園野菜の育て方ナビ
大カテゴリーメニュー


ベランダ家庭菜園栽培研究


デスクトップ

水耕栽培×家庭菜園
野菜栽培・育て方参考書
家庭菜園 野菜の育て方 ナビってどんなサイト?

家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】はハイポニカ液体肥料を使った水耕栽培プランターでの気軽な家庭菜園野菜作りの「水耕栽培」「水気耕栽培」「養液栽培」「ハイドロカルチャー」のやり方作り方育て方を説明した写真解説ガイドサイトです。

市販されている水耕栽培キット野菜の作り方や成長を理解することで水耕栽培プランター自分で作ること(自作)ができます。

ペットボトルでの水耕栽培プランターの作り方やコンテナボックスや適当なサイズのプラスティックケースを利用した水耕栽培装置の仕組み構造作り方を写真解説します。

水耕栽培液体肥料により、土での栽培より養分吸収効率が良いため、野菜の成長が早く、果実も多く実る栽培方法です。

液体肥料を取り寄せて虫や臭いの少ない野菜のベランダ栽培をベランダや窓際で始めてみませんか?

レタス栽培・育て方トマト栽培・育て方イチゴ栽培・育て方をわかりやすく説明しています。

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】