種(タネ)と発芽の基礎知識 - 家庭菜園 野菜の育て方 ナビ -

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

種(タネ)と発芽の基礎知識

■ おいしい野菜の種子を買って種から育てる方へ

 

家庭菜園の水耕栽培を始めようとする時に、ホームセンターや園芸店で野菜のタネを買う場合があります。
「タネを買う場合」というのは、「苗を買う場合」もあるから・・・ですね。

「苗」を買う場合はコストが若干高くなります。
販売店での販売スペースや人件費、「1株」という数量の関係で、売っている場所も品種が限られてしまいます。
でも、タネであれば、一袋に多くの種子がパッケージされていて、ネットであればあらゆる品種の取り寄せも可能です。

なお、種を蒔いて発芽させる種まきのことを『播種(はしゅ)』と言います。

 

 

 

 

植物の成長に必要な外的要素

■ 植物には「水・光・空気・温度」が必要です

 

植物は生きています。
生き物が「生育」するためには、外部的な条件が整わなければ成長も結実も発芽さえできません。
しかし、条件さえ整えば、極端な話、土も要らず、太陽が存在しなくても(必要なのは光=人工光でも)育つことができます。

 

植物の種子の発芽に必要な一般的条件
・水
・温度
・光
・空気(酸素)

植物のタネが根を伸ばすことを「発芽」と言います。
発芽に必要な条件はまずは水・・・水分ですね。

水耕栽培 発芽と水 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

この段階には種子の中に発芽のためのエネルギーが詰まっているので、肥料(液体肥料)は要りません。
水道水のみででも発芽は可能です。

 

そして温度。
発芽には適温があり、それぞれの植物の発芽可能な温度は異なります。

水耕栽培 発芽と温度 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

市販されている野菜の種のパッケージの裏側には日本地図の「蒔きどき」が地域ごとに描かれていますが、その野菜の四季の平均気温からだいたいの「発芽の最適温度」をエリアで示したものです。タネの目覚め(発芽)には適温があるのですね。

 

それから「光」です。

水耕栽培 発芽と光 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

「光」なのですが、光を当てると発芽しやすい植物と、光を当てると発芽しにくい植物があります。
もともと太陽のある自然に生きる生き物ですので、暗闇に置かず、普通に部屋に置いて発芽を待ちましょう。

嫌光性種子という光で発芽が抑制されるトマトなどの野菜もあります。
発芽のためにわざわざ一日中直射日光が当たるような場所に置かない方が、芽は出てくれます。

最後に空気(酸素)が挙げられます。

水耕栽培 発芽と空気 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

種に水が必要だとしても、水没させたままでは腐ってしまうだけです。
適度に空気(酸素)に触れていなければ、種子は発芽せずに死んでしまいますので、酸素を呼吸させてあげる状態を心掛けて発芽させてあげましょう。

 

 

 

 

野菜の種の発芽 光を好む好光性種子と嫌光性種子

■ 好光性種子

発芽の際に、明るい光がある方が芽が出やすい野菜や植物のことを好光性種子(こうこうせいしゅし)と言います。
光によって発芽が促進されるタイプの植物・野菜です。
好光性種子(こうこうせいしゅし)・明発芽種子(めいはつがしゅし)とも言います。

水耕栽培 好光性種子 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

一般的には特に意識しなくても水をかけておけば芽が出てくる植物の種ですが、野菜単位でいろいろ比較してみると、植物の種によってそういった傾向が見られるようですので、知識の中に加えておきましょう。

好光性種子の野菜 レタス類、シソ、セロリ、インゲン、ニンジン、シュンギク、ミツバ、いちごなど
葉物野菜は発芽の際に光を好むようで、土栽培などでは種まきのあと、土を軽くかぶせる程度で十分のようです。

 

■ 嫌光性種子

結実系の野菜の中には、光が当たっていると発芽が抑制される種子があります。

嫌光性種子(けんこうせいしゅし)という性質のタネです。
暗発芽種子(あんはつがしゅし)とも言われます。

水耕栽培 嫌光性種子 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

嫌光性種子の野菜 トマト、きゅうり、ナス、ピーマン、ダイコン、ネギ、タマネギ、ニラ、かぼちゃ、スイカなど

自然界では鳥などに果実を食べてもらい、遠くに種を運んでもらうことに適応している植物もあり、単にタネが果実が落ちて土の上に露出した時に発芽してしまうだけだと、密集して土の栄養の奪い合いになってしまうだけになってしまいます。また、地中にしっかり根を張る必要のある植物は進化の過程の中でまぶしい場所で発芽しにくい性質を持った種子があるのですね。

 

サラダレタスミックス
サニーレタス
ちりめんちしゃ
チマサンチュ
レッドリーフレタス
グルーンリーフレタス
リーフレタス
レッドファイヤー
レタスコンビ
マザーレッド
ホウレン草(東洋種)
ホウレン草(西洋種)
小松菜
ミニチンゲンサイ
西洋ブロッコリー

 

 

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】
家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP
第1章 ベランダ家庭菜園研究 INDEX
食べたい時に野菜を摘もう♪
ワンルームでも家庭菜園計画
土汚れと虫のベランダは嫌
液体肥料で野菜収穫水耕栽培
水耕栽培の種類を勉強しよう
根腐れしない水耕栽培
葉物はお任せ平面養液栽培
果実系はペットボトル栽培
植物の成長に必要な要素
種(タネ)と発芽の基礎知識
挿し木・増やし方の知識
水耕栽培の液体肥料(液肥)ハイポニカの作り方・使い方
交配種・一代雑種・固定種
増やして販売できる?種苗法
第2章 水耕栽培プランターの構造 INDEX
第3章 水耕栽培プランター自作&加工のコツ INDEX
第4章 水耕栽培野菜栽培・育て方 INDEX
第5章 家庭菜園園芸用品&水耕栽培用品 INDEX
家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ 勉強アイテム
 
職場のデスクでもキッチンでも、液体肥料(ハイポニカ)だけで育てる「水気耕栽培」!
 
 
心知菜園(cocochisaien・ココチサイエン) プチトマト/ピンク(種・肥料付き)
 
 
水耕栽培セット ココチサイエン(cocochi saien/心知菜園) ホワイト/トマト菜園
 

 

 

 

 

 

植物の成長に必要な栄養要素 ←  家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP  → 挿し木・増やし方の知識

| TOP | 家庭菜園栽培研究 | 水耕栽培プランター構造 | 水耕栽培自作&加工 | 水耕栽培野菜栽培・育て方 | 家庭菜園栽培ツール |
 

家庭菜園
春夏秋冬野菜の育て方ナビ


家庭菜園野菜の育て方ナビ
大カテゴリーメニュー


ベランダ家庭菜園栽培研究


デスクトップ

水耕栽培×家庭菜園
野菜栽培・育て方参考書
家庭菜園 野菜の育て方 ナビってどんなサイト?

家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】はハイポニカ液体肥料を使った水耕栽培プランターでの気軽な家庭菜園野菜作りの「水耕栽培」「水気耕栽培」「養液栽培」「ハイドロカルチャー」のやり方作り方育て方を説明した写真解説ガイドサイトです。

市販されている水耕栽培キット野菜の作り方や成長を理解することで水耕栽培プランター自分で作ること(自作)ができます。

ペットボトルでの水耕栽培プランターの作り方やコンテナボックスや適当なサイズのプラスティックケースを利用した水耕栽培装置の仕組み構造作り方を写真解説します。

水耕栽培液体肥料により、土での栽培より養分吸収効率が良いため、野菜の成長が早く、果実も多く実る栽培方法です。

液体肥料を取り寄せて虫や臭いの少ない野菜のベランダ栽培をベランダや窓際で始めてみませんか?

レタス栽培・育て方トマト栽培・育て方イチゴ栽培・育て方をわかりやすく説明しています。

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】