葉物はお任せ平面養液栽培 - 家庭菜園 野菜の育て方 ナビ -

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

葉物はお任せ平面養液栽培

■ 平面的空間が確保できる葉物向けの養液栽培

 

前ページでは液体肥料にエアーポンプを使ったエアーレーションをかけた水溶液内に根をどっぷりと浸ける水耕栽培の仕組みを解説しました。
その水耕栽培プランターのスタイルは植物の成長にとって最適の環境を整えたスタイルではあるのですが、エアーポンプの稼動による音の発生、電源の確保、電気代の加算などの表裏一体のデメリットも存在します。

このページで解説する水耕栽培スタイルは、エアーポンプを使わない野菜栽培スタイルのプランター構造です。
読み進めて基本的な理論とイメージを考えてみましょう。

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 

「養液栽培」という言葉は「水耕栽培」と同じ仲間

■ 水没させず根に養分を送る液体肥料栽培プランター

 

トマトやペーマン、ナスなどのしっかりした茎が伸び、花が咲いた後に実を実らせる野菜は前ページのブクブクエアーレーション方式の方が効率的に野菜を収穫することができます。

しかし、花を咲かせる前に「葉」を収穫する葉物野菜は、「葉」が育てば良い野菜です。^^
硬くて伸びる茎を持たないサニーレタスやほうれん草などの葉物野菜は、茎に相当する部分が成長点を兼ねるような野菜なので、根を固定するのに工夫が必要です。

また、葉物野菜は高さのスペースより、横のスペースが必要になるため、液体肥料栽培であっても、単純にブクブクさせる構造のプランターに数株植えるのではプランターにとっては役不足の野菜となります。

そこで、葉物野菜に向いたスタイルの液体肥料栽培プランターはエアーポンプを使わず、根を窒息させない水耕栽培構造をプラント化します。

 

水耕栽培 レタス栽培プランター 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究 水耕栽培 レタス栽培透明コップ 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

平面的な作付けを重視した養液栽培プランターですが、広さのある浅い容器に数センチの液体肥料を注ぎます。
そこにザル(メッシュのカゴ)のように液肥が進入する網状の枠を利用して、そこに野菜の根を置くような形にします。
ザルを液肥に触れさせることで、ザル自体が茎のある野菜でいう「茎や根の固定ライン」になるのです。

ザル自体は液体肥料を保水しないため、葉物野菜の根を保持するのに無菌の粒子を苗床に利用するするケースが有効的な栽培スタイルです。

 

 

 

 

根を定着させる苗床素材ってどんなもの?

■ よく使われるのはバーミキュライトやパーライトという保水目的の培養土

 

土を使わない液体肥料の水耕栽培なのですが、見方によっては自動的に肥料や水やりをしている形のただのプランターのように見えてしまう「培養土」たち。^^;

家庭菜園初心者が見ると「土だよ。」と確かに否定することはできない見た目の素材です。
でも、液体肥料に浸して根に養分を送る役割をもつカタチでの使用ですので、肥料をまぜこぜして土から養分を吸収する土栽培の土壌とは似ているようでかなり異なります。

 

水耕栽培 バーミキュライト 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

葉物野菜はスポンジなどで根だけを固定したとしても、成長する過程で柔らかい葉が自重に耐え切れず、地面についてしまうような野菜が多くあります。

根が突き出たスポンジの培地を保水培養土に埋め込み、液肥に水没させずに培養土の粒子間の毛細管現象によって、空気を含みながらも根が液肥に常に接している状態にする構造をしたプランターを構築します。

 

水耕栽培 レタス収穫 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

エアーポンプを使わないタイプの水耕栽培キットは基本的にこのような理論が応用された設備構造をしています。
バーミキュライトやパーライトに直接液肥を触れさせて浸さなくても、給水力に優れたマイクロファイバーの吸水布を保水土と液体肥料の間に垂らして養分を吸い上げる仕組みを作れば、基本構造的には同じ理論を使った植物栽培プランターができます。

 

水耕栽培 ペットボトル栽培 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究 水耕栽培 ペットボトル栽培 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

マイクロファイバーという素材の布は100円ショップの布のコーナーでも見かけます。
それは吸水や保水に優れた素材で、布の一方が水で満たされた容器に浸かっていると、もう一方が高い位置にあっても重量に逆らって布全体が湿っていきます。

これは「毛細管現象」という、物質(糸)と物質の間が狭い環境の繊維は、繊維と繊維の狭い間を伝って水分が移動していく自然現象を利用して水を上部に送ったり、乾燥と保水を継続的に繰り返しているのです。

毛細管現象は「布」という繊維ではなくても起こりますので、「土」という粒子でも吸水と保水をしてくれます。
土の粒子はぶら下がることができないので、網や不織布のようなもので保持し、液体肥料に浸せばいつでも全体的に湿った状態になります。

 

水耕栽培 ペットボトルに植え付け 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

このような形の水耕栽培方法は養液栽培とも呼ばれています。
ブクブクのエアーレーションの栽培方法も養液栽培と言われているのですが、水位的に「水耕栽培」の名称の方が、言葉の持つイメージに近いので、このサイトでは便宜的にブクブク水槽を水耕栽培、平面的吸水栽培を養液栽培(水耕栽培)のように表現をしていますが、全て水耕栽培であり、養液栽培と言えます。

 

 

 

 

平面的な空間が確保できるプランターは葉っぱを食べる野菜の栽培向けの水耕栽培装置

■ カイワレダイコンや芝生のような植物はタテよりヨコの面積が欲しい

 

作付面積の広いものがエアーポンプに向いていないわけではありません。ただ市販の水耕栽培プランターであれば、大型化すればするほど価格の設定が引き上げられていますので、「実」ではなく「葉」を育てるだけでよい植物の栽培には、エアーレーションの必要の無い吸水タイプの養液栽培プランターが無駄が無く家庭菜園を楽しむことができると言えます。

トマトやナスのような茎のある高く伸びる植物は、地中(水中)に伸びる根も想像以上に伸びていきます。
実をつけるためのエネルギーがたくさん必要なためですね。

 

水耕栽培 トマトの苗 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究 水耕栽培 レタス栽培 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

葉物野菜は縦に広い空間をそれほど要しないこと、平面的な面積を要するプランターに全面的なエアーを送ると高額化すること、葉っぱを収穫する葉物野菜にエアーにこだわらなくても育つこと・・・・それを考えると、平らな広めのプランターは葉物野菜を育てるための水耕栽培養液プランターとしての運用・準備をおすすめします。

 

水耕栽培 トマトの苗 写真画像【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】 - 第1章 ベランダ家庭菜園研究

 

バジルや葉物野菜をデスクで育てるミニギフトのような、千円程度の市販品も、吸水布やハイドロボールを使った簡易的な水耕栽培プランターで、メカニズムはこのページの栽培プランターと同じスタイルです。

 

 

 

水耕栽培×家庭菜園 葉物野菜のタネ

サラダレタスミックス
サニーレタス
ちりめんちしゃ
チマサンチュ
レッドリーフレタス
グルーンリーフレタス
リーフレタス
レッドファイヤー
レタスコンビ
マザーレッド
ホウレン草(東洋種)
ホウレン草(西洋種)
小松菜
ミニチンゲンサイ
西洋ブロッコリー

 

 

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】
家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP
第1章 ベランダ家庭菜園研究 INDEX
食べたい時に野菜を摘もう♪
ワンルームでも家庭菜園計画
土汚れと虫のベランダは嫌
液体肥料で野菜収穫水耕栽培
水耕栽培の種類を勉強しよう
根腐れしない水耕栽培
葉物はお任せ平面養液栽培
果実系はペットボトル栽培
植物の成長に必要な要素
種(タネ)と発芽の基礎知識
挿し木・増やし方の知識
水耕栽培の液体肥料(液肥)ハイポニカの作り方・使い方
交配種・一代雑種・固定種
増やして販売できる?種苗法
第2章 水耕栽培プランターの構造 INDEX
第3章 水耕栽培プランター自作&加工のコツ INDEX
第4章 水耕栽培野菜栽培・育て方 INDEX
第5章 家庭菜園園芸用品&水耕栽培用品 INDEX
家庭菜園×家庭菜園 野菜の育て方 ナビ 勉強アイテム
 
職場のデスクでもキッチンでも、液体肥料(ハイポニカ)だけで育てる「水気耕栽培」!
 
 
心知菜園(cocochisaien・ココチサイエン) プチトマト/ピンク(種・肥料付き)
 
 
水耕栽培セット ココチサイエン(cocochi saien/心知菜園) ホワイト/トマト菜園
 

 

 

 

 

 

根腐れしない水耕栽培 ←  家庭菜園春夏秋冬野菜の育て方 TOP  → 果実系はペットボトル栽培

| TOP | 家庭菜園栽培研究 | 水耕栽培プランター構造 | 水耕栽培自作&加工 | 水耕栽培野菜栽培・育て方 | 家庭菜園栽培ツール |
 

家庭菜園
春夏秋冬野菜の育て方ナビ


家庭菜園野菜の育て方ナビ
大カテゴリーメニュー


ベランダ家庭菜園栽培研究


デスクトップ

水耕栽培×家庭菜園
野菜栽培・育て方参考書
家庭菜園 野菜の育て方 ナビってどんなサイト?

家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】はハイポニカ液体肥料を使った水耕栽培プランターでの気軽な家庭菜園野菜作りの「水耕栽培」「水気耕栽培」「養液栽培」「ハイドロカルチャー」のやり方作り方育て方を説明した写真解説ガイドサイトです。

市販されている水耕栽培キット野菜の作り方や成長を理解することで水耕栽培プランター自分で作ること(自作)ができます。

ペットボトルでの水耕栽培プランターの作り方やコンテナボックスや適当なサイズのプラスティックケースを利用した水耕栽培装置の仕組み構造作り方を写真解説します。

水耕栽培液体肥料により、土での栽培より養分吸収効率が良いため、野菜の成長が早く、果実も多く実る栽培方法です。

液体肥料を取り寄せて虫や臭いの少ない野菜のベランダ栽培をベランダや窓際で始めてみませんか?

レタス栽培・育て方トマト栽培・育て方イチゴ栽培・育て方をわかりやすく説明しています。

 

【家庭菜園 野菜の育て方 ナビ】